ヨダか珈琲
ヨダかの記事

April 2021 の記事一覧

いやがらせサイトから、学びましょうw

April 8, 2021

昨年の夏ごろから、大量の捨てアカウントによる、いやがらせサイトが発生し  「内藤まろ 月桂冠」でgoogle検索すると、やたらと上位にあがってくるので 、誹謗中傷対策の会社にお願いして、消去してもらいました。

おそらく、宗教や政治と関係のあるどこかの団体(の工作員)がAIによる自動生成を行っているのでしょうが(これを地道にやっている人間がいると思うと切なくてやりきれなくなるので笑)、あけるともれなく詐欺サイト風の仕掛けになっています。

かれこれ12年近くつきあっていると、ネットメディアや、ヤフコメなどに紛れた手口など、いやでもわかってきますw。検索ワードの荒らしとか。(もっとも、12年どころではない、かもしれないですけど)

 

で、数十ほどのサイトを、ほぼ対策してもらったところ、今度は、違ういやがらせのアプローチが次々と。詐欺サイトと書いたから違うアプローチできたのかな? そのうちのひとつに、一応、興味が向いたので岩国市に問い合わせたところ、担当の小島さんという方が非常に困っていました。90ページ以上も偽のページが書き込まれていたらしく、サイトを一時的に閉鎖したとのこと。警察にも届けたそう ↓↓

(↑岩国市文化芸術振興財団の事例)

これらの狙いは、おそらくですが、自然発生的にわき起こる善意の声(サイト)たちを、全て覆い隠してしまうことが目的なんだと思うんですよね。悪貨が良貨を駆逐するように。特に最近は、組織票やつくられたランキングで、割とコントロールしてこられたから、自然な人々の支持や、前向きな行動を認めたくないのではないかと。それと、お仲間で、独占したいのかな。

 

それらもだいたい消えると、さすがに関係あるかどうかわかりませんが、google検索において、内藤まろの人物表示に、全く無関係な人物のイラストが表示されるようになりました。まったく無関係な人物のツイッターのようでした。ただし、その名前が内藤まろゆき、ってねえw。

 

で、待っていると、6月9日に、googleさんから、例の会社を通じて、返事が来たわけです!(いやあ、書いてみるもんですね笑)1000ピクセル以上とか、顔がはっきりと映っているとか、いろいろ条件があるらしく、現在、流通している写真では、ふさわしいものがない、とのこと。

では、なぜイラストが? と言いたいのをぐっとくらえて、一旦は、空欄にしてもらえたようなのですが、しばらくすると、また別の写真が。

 

どう見ても、プロフィールに不適格かと。。。一人で映ってないし、というか、自分の写真ではないのですがw、誰かが手作業でやってるんでしょうね。きっと、管理者権限とかで、簡単に内部に入れて。

関連人物や、関連作品や、最初に並ぶ画像やなんかも、不自然に並んでるときありましたね。注目浴びるタイミングでは、お仲間の写真並べて、炎上させたいときは、反対のことをする。。そういえば、この写真って、最後までネガティブ操作しているスポニチの記事のリンクですね。(なにか、結婚のことを匂わせたいのかな?)

思うのは、一つのサイトに過度に依存する社会は、リスクが大きいということ。(YAHOOも、内部のプログラミングはほぼgoogleです)。「google japan」の内部に、とある団体がほんの一部が潜入するだけでそれなりのことはできてしまうわけで。それに、完全にフェアなメディアなど存在しないでしょう。

(妻の写真も、出産前後の、栄養もってかれてる写真を使うんですねえ。。まあ、そこまでは、いいかw) 

それにしても、永作博美と韓国を結びつけようとする運動、いい加減、しつこいのでは?(ある勢力が、どうにかして韓国をアピールしたいように見えます。アピールしながら、ディスるというなんという面倒くさいアプローチをするのかと。。)

さすがに、 これが、2021年の検索上位にあげられてくるのはありえないかと。そもそも、韓国という字がひとつも入っていないのに、どうやったらこれが「永作博美 韓国」の最初に出てこられるのか ↓↓

(↑エンタメQ&Aって、どこが。Kinki KIdsが三人って。ほかの名前も調べたら、トラブルに巻き込まれたAV女優たちって、まあ、毎度、同じパターンできますねえ)

 

と、書いたら、翌日、すぐに↑上のサイトが下げられて、すぐに、↓下のサイトがトップに入れ替わり。いやあ、このサイトもたびたび文化人、芸能人検索などで見かけますが、なるほど、その集団が運営してたのかな。写真も、オリコン記事のを使用してますし。(ちなみに、この12年、注目が集まるタイミングで、必ず、オリコン記事のいじわるそうな妻の写真と、ウーマンエキサイトのアンカリング(ガスライティングかな)記事が登場します)

ここまで短期間に、サイトの基本情報(タイトルの下の紹介文)までつくりこむのも、関係者でないと難しいのでは。。(↑中を見ると、ある種の関係者と思われる方々の守りに徹した記事などとは、えらく違います↑)。

↑このサイトも強引に上げてきましたねえ。(そういえば、すぐ炎上という時代もありましたね)

残念ながら、妻も、自分も四世代前までは、純粋な日本人ですよ。

韓国文化で好きなものもたくさんありますし、そうだったとしても別に構いませんが、実際にはちがいます。

 

追記

そういえば、二週間ほど前に、看板も、剥がされてました・・・w
設営をお願いしている藤村さんの話では、裏から手を突っ込んで剥がされているとのこと。修理後も、また、巧妙にやっているとの申し出があったので、大家に交渉中です。

*さらに追記

遡ること4月14日に、毎日新聞とYAHOO(のごく一部の人)が、統合失調症PRしてますが、若者の1%って、そんなには、多くないと思いますよ。安部公房も、三島由紀夫に言った発言を、まったく正反対につかわれて、いっときwikiに書き込まれてしまったり(まあ、彼が実際にそうだったかは、誰にも証明できませんが)。

そう分類した方が都合がいい場合と、荒らし目的の人とが一定数いるのは確かでしょう。(勿論、苦しんでいる方もいらっしゃるでしょう)。荻上チキさんの言うように、ストーカー規制法(ガスライティング、ネットリンチ、一部スポーツ新聞、女性週刊誌などを隠れみのにした虚偽取材、盗聴、録音)を変更する方が先ではないでしょうかねえ。

(ちなみに、ガスライティングというのは、いやがらせした側が、気のせいですよ、と開き治ったり、次々と奇妙なハプニングを起こして、相手の認知機能をかく乱する目的で行うらしいですよ。いずれにしろ、本人しか気づきにくい些細ないやがらせ、というのがポイントらしい。単なる、マインドコントロールとか、印象操作、のことではないんですね)

あと、消防関係を使ったほのめかしとか。サジェストにしつこく、映画 誘拐とか、小学校とか、あげつづけるとか。

 

 

 

 

↓ ちなみに、4月上旬ごろのこのブログを書く前の、普通のサジェスト。あれから、随分、荒らされましたねえ。。妻のサジェストも、全く違うものにねえ。こんなことに、時間使いたくなんですけどねえ、本当はw。

 

それにしても、半径五メートル、おもしろかったですね。妻のドラマの中でも、久々に実験的な演技を見た気がしました。

主役の芳根京子さんの演技、フレッシュでコミカルで、振り回されたときの感情の起伏がよく伝わり、とにかく素晴らしかったですね。
キャストでは、一番左に並ぶべきだと思いますよ。主役なんですから。
あ、GoogleとかYAHOOのキャスト表ね。なんか変だったから。
(ま、これも、どうでもいいかw)

内藤まろ

アーカイブ
copyright ⓒ ヨダか YODAKA COFFEE All rights reserved.